作文による表現教育講座(社会人対象)

※がくあん教育ラボの「作文による表現教育講座」には、児童・生徒向けと社会人向けの2つの講座があります。
このページは社会人を対象とした講座の詳細です。
児童・生徒向け講座はこちらのページをご覧ください。

・「人に伝わる文章」を書けるようになる
・「読みやすく、分かりやすい文章」を書けるようになる
・「恥ずかしくない、正しい文章」を書けるようになる
・「言いたいことをきちんと言えた文章」を書けるようになる
・「論理的に破たんのない文章」を書けるようになる
・文章にすることで、「自分のことがよりよく分かり、受け入れられるようになる」
・文章にすることで、「考えがより深まり、意見に確信が持てるようになる」
・書いていくことで、「自分に自信が持てるようになる」

これら全てを満たす「大人のための作文講座」を、通信講座で行っています。

「とにかくたくさん、書く、書く、書く」こと。
そしてその作品に対して「きちんと指摘を受ける」こと。
文章の、最も速くて確実な上達法は、この2つ以外にはありません。

この上達法の実践を、最初からブログ記事などオープンな方法を使って自分だけで出来る方も、もちろんいらっしゃいます。
が、「いきなり他者の目に晒すのはちょっと……」「炎上とか嫌だから、あんまりオープンにはしたくない……」「匿名の無神経なコメントとかもらいたくないし……」という方も多いと思います。

また、普段、日記などに向かい内省することでも、自分への洞察は得られます。
そこにはよく陥りがちな2つの落とし穴があります。
「自分の考え以外の考えや視点を使ってみることが出来ない。その結果、いつも同じ悩み・同じ結論でぐるぐるしてしまう」
「文章そのものが上達しない」
もちろんこれも、回避できる方は回避していらっしゃいます。
しかし、「そういえば思い当たる!」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

「文章」そして「自分自身」に自信を持ちたい!と思う方。
読み手は講師一人だけ、「自分独り」ではないけど「オープンと言うには閉じている」、そういう場所で、文章力を磨いてみませんか?
そして、「今よりもっと自由な気持ちの自分」に近づきませんか?

「日本語として正しい・正しくない」「一般的な文章作法から見ると、外れている」などの指摘は、技術指導として行います。
しかし、あなたの考えや思いを頭ごなしに否定することは、絶対しません。
一本書かれたら、どんな内容、どんな出来栄えであっても、すべて最大限に尊重するべき作品。
そして、今の等身大の書き手そのもの。
幼い子どもの作文にですら、すべて、一貫してそう考え向き合ってきました。

講師は、がくあん教育ラボ主任研究員の神尾雪子です。(※)
技術指導面では、大学受験小論文の指導において、「ここまで書ける学生は大学側も期待していないだろう」というレベルに超短期間で引き上げた実績があります(当然合格させています)。
また、臨床心理学を学んだ後にセラピスト活動を長く行う中で培った、「自己受容と変容のお手伝い」の技術とマインドを、本講座でもふんだんに活用しています。
趣味は沢山ありますが、その一つは「学ぶこと」「考えること」で、これまでも全く立ち止まらず、恐らく一生やめません。
幸い良い配偶者を得たので、日々様々なことについて議論を戦わせて楽しんでいます。

小中学生の作文添削も数多く行って参りましたが、私はやはり、まず大人の方にこそ文章力を身に着けて戴きたいと考えています。
自分のありよう、自分の生き方を、自分で決められるのが、大人の特権。
「他者を思いやりながら、自分を輝かせて生きている」幸せな大人を増やすことが、ひいては日本をより良くする方法の一つだと、私は思っています。
そういう大人の作る日本こそ、「子どもがより幸せになれる日本」となると考えています。
そういう世の中にしていくことに、私も参加したいです。
それで、この講座を立ち上げ、運営し始めました。

このような講師ですが、私と一緒に二人三脚で取り組んでみませんか?
「文章を書くこと」と向き合うのは、時に難しく、時に苦しいことでもあります。
けれどその分、必ず、思いもよらなかった大きな実りが手に入ります。

※講師は神尾聡一郎(がくあん教育ラボ代表)が担当する場合もございます。
「女性講師がいい」等の講師選択のご要望は最大限承ります。

ご興味をお持ちいただけた方は、こちらよりお気軽に詳細をお問い合わせください